ポスト・ソリューション-フォーカスト・アプローチ実践トレーニング « 実践心理学研究所

ホーム > セミナー > 上級・アドバンスコミュニケーション > ポスト・ソリューション-フォーカスト・アプローチ実践トレーニング

ポスト・ソリューション-フォーカスト・アプローチ実践トレーニング

(問題や原因よりも)解決に焦点を合わせ(過去よりも)
未来・将来を見据えクライアントの(病理や弱さよりも)
強さや力に注目し、彼らのリソース、可能性を
活性化させながら
(クライアントにとっての現実的な)
解決の実現・構築を目指したのが
ソリューションーフォーカス・アプローチでした。
そして、それらをベースにセラピストとクライエントの関係性をより深め発展させたモデルをご紹介いたします。

(ページ下に白木先生よりの説明がございます)

研究でなく臨床の現場でご活躍の白木先生の実践研修は、知ること、使うこと、結果を得ることとの間の乖離をうめる研修です。

開催決定
■日時 2012年6月23日 10時~17時半  受付9時半 受付は終了しました

■持参物 筆記用具 楽な服装でおこしください。
■費用 19,000円税込(4月末までのお申し込み)
    20,000円税込み(5月1日~)【20名様のみ募集】
10名様以下の場合、中止となります。開催1週間前の時点で判断となります。
■講師:白木 孝二先生
■会場  
大阪本町(申込者に個別にお知らせ)
■持参物  筆記用具
■参加資格 教育関係者・相談業務・医療関係者・NLPプラクティショナー以上など
心理職に従事されている方やコミュニケーション関連に精通している方
すでにSFAやブリーフセラピーの一定の知識や経験がある方が対象ですが
実践的な臨床や援助能力のレベルアップを目指される方も大歓迎です。
→くわしくはお問い合わせください。
■懇親会  研修終了後に、希望者を募って先生を囲み懇親会を開催します。
会費は4200円の予定です。
ご希望の方は研修のお申し込みの際にあわせてお申し込みください。

お申し込みはこちらから

講師:白木 孝二先生
講師略歴
現 職 Nagoya Connect & Share (RDIを提供する専門機関)代表
1975 年 名古屋市児童福祉センター 相談課(児童相談所 児童心理司)
くすのき学園(情緒障害児短期治療施設 セラピスト)
療育室(障害児総合通園センター セラピスト)
1991 年 米国 ウィスコンシン州 ミルウォーキー市
Brief Family Therapy Center にて SFBT Residential Training
2005 年 テキサス州 ヒューストン市 Connections Center より
RDI@Program Certified Consultant 資格取得
2007 年 Nagoya Connect & Share 設立

白木先生よりポスト・ソリューション-フォーカスト・アプローチとは?
(問題や原因よりも)解決に焦点を合わせ(過去よりも)未来・将来を見据えて
クライアントの(病理や弱さよりも)強さや力に注目し、彼らのリソース、可能性
を活性化させながら(クライアントにとっての現実的な)解決の実現・構築を目指したのが
ソリューションーフォーカス・アプローチでした。
そのソリューションをベースに~治療効果研究の集積から得られた
「心理療法の効果要因」を基に構成されたコンテキスト・モデル
scott D. Millerらの研究による「優れたセラピスト人たち’Supaer Shrinks’
の治療実践と彼らの研鑽の特長」に関する知見と彼らが提唱する
FIT(Feedback Infomed Treatment)アプローチそれに自閉症などを対象
としてダイナミックな対人関係能力の獲得を目的とする
RDI(Releationship Development Intervention)のエッセンスを取り入れた
ものをPost SFAと命名しました。(POSTはより後のという意味です)
大きな特徴はその焦点(フォーカス)を解決構築のための理論や面接技法から
セラピスト個人としてのクライアントとの協力関係(協働作業)や協働的
コミュニケーションの在り方(実践能力や態度)へと大きくシフトさせている点です。

Post SFAのアイディア、思想、方法論は非常にシンプルで明快です。
しかし頭で理解することと、それを現実場面で実践し、ダイナミックに使いこなし
高い治療効果を得ることは全く違う話です。
知ること、使うこと、結果を得ることとの間の乖離を生めることが
実践と訓練の非常に大きな課題になっています。
‘Therapist Mind, Beginner’s Mind’’をキーワードに援助活動の基盤の強化をはかります。
実践のための、体験実習やライブセッションを多く取り入れます。

すでにSFAやブリーフセラピーの一定の知識や経験がある方が対象ですが
実践的な臨床や援助
能力のレベルアップを目指される方も大歓迎です。

タグ: , ,